So-net無料ブログ作成
検索選択

どこから来て、どこへ行くのか [動くものたち]

DSC_0052_3.jpg
うちの庭にタヌキがっ!?

なんてね。
いや、実際目の端をよぎったときは、そう思いましたが、実は──
DSC_0054.jpg
ヒマラヤン?
ちょっと警戒しています。
この写真の右側はテラスで、以前からノラがご飯をねだりに来ていました。
それほど数は多くないのですが、いちばん馴れているのは、こちらのメス。▼
DSC_0081.jpg
去年生まれた子でしょう、まだ小柄です。
今年になって、ようやく撫でさせてくれるようになりましたが、うちに入るほどには気を許していません。
最近どうもお腹が大きいようだったので、もしも子どもを連れて来たら何匹かうちの子にしてもいいかな、と考えるようになりました。(彼らにとってどちらがいいのか、判断に迷うのですが)

そんなある朝、テラスの折戸の中からふと見ると──
DSC_0005.jpg
ちゃっかり、ノラ用のエサを食べる姿が……
最初は、遊びに来ているんだろう、と思っていたのですが、どうも居ついてしまったみたいなのです。
迷い猫でしょうか。
すぐに馴れて、食事も家の中でとるようになり、トイレを用意してやると迷いなく使用。
毛玉ができていたので、コーミングをしてやりましたが、あらがう様子もありません。
それでも、帰っていくかもしれないので自由に出入りできるようにしていますが、出て行っても庭の中で寝ています。
DSC_0029.jpg
市役所などに問い合わせても、捜索願いは出ていないとのこと。
鼻水を垂らしてくしゃみをするので、ほっておくわけにはいかず、動物病院に連れて行きました。
そうしたら、なんと雑種(去勢ずみのオス)だそうです。こんな雑種っているのか……
若そうに見えるのですが、7〜8歳じゃないか、ということでした。
どうりで、おもちゃに反応しないはずだ。

風邪は軽く、点鼻薬をもらってきました。
ノミがいるので、レボリューションを首筋に投与。
健康状態は良好だそうです。
食欲旺盛なので、心配ないでしょう。
先生によると、出入り自由で飼われていて、遠出した挙句、帰り道を見失ったんじゃないかとのこと。
居ついたのは、居心地がいいからでしょう、ということでした。

ノエルが天国に行ってから丸2年、4月末に三回忌が過ぎたところです。
 <ノエル写真集>の最後の写真に写っている三毛(もう姿を見せません)が、上の黒いノラの母親だと思います。
しばらくは次の猫なんて考えられませんでしたが、徐々に心がほぐれ、ノラの子をうちに迎えようかと思いはじめたところでした。
それを見計らったかのように、ひょっこり現れた、この子。
私の心境の変化が、呼び寄せたのかも?
いたいのなら、いさせてやろうと、思っています。
いつかまた、いずこかへ去って行くのかもしれませんが……

ところで、おもしろいのは、この子が居ついてから、ノラがほとんど来なくなったこと。
動物病院の先生にその話をすると、それはこの子の縄張りになったからだ、と。
思いがけない見解に、「へ〜〜〜!?」と、思わず笑ってしまいました。
見かけからして、ノラにいじめられるんじゃないか、と心配していたのですが、意外にたくましいんですね。
人の浅知恵ではわからない力関係があるのか?
そう言われてみれば、で〜んと、なんら用心するふうもなく、庭で寝てますからねえ。


[カメラ]写真をクリックすると、拡大表示されます。




タグ: 縄張り
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。